• 乳がん予防
  • 乳がん治療

オススメリンク

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

乳がんの予防法は、食事、運動、生活習慣の見直しです。もし乳がんに発症してしまった場合は、手術治療が必要です。
手術では、乳房を全て摘出する方法と、部分的に切除して腫瘍を取り除く方法の2種類あります。
これらの手術で腫瘍は取り除かれますが、完全に腫瘍が摘出されている可能性は低いです。
ミクロ単位での腫瘍がまだ残っている可能性があるので、手術後も定期的な検査が必要になります。

この小さなミクロの腫瘍でも、何らかのタイミングで骨移転、肺移転、リンパ節移転、局所移転、脳移転する可能性があります。
手術後は、最低でも10年間の通院が必要になります。
もし、ミクロの腫瘍から再発されれば、抗がん剤治療や放射線治療が行われます。

乳がんを予防する為には、食生活から見直す必要があります。
乳がんに必要な栄養素は、「大豆」です。
大豆には、「イソフラボン」という栄養が豊富に含まれており、この栄養素が、腫瘍の生成を抑制してくれます。
大豆を使用した料理といえば、「豆腐」、「納豆」、「湯葉」などがあります。
これらの食材を毎日摂取しているだけで、乳がんになる確率も低くなり、治療する必要もなくなります。

湯葉は、日常的に食べるものではないですが、豆腐や納豆などは毎日摂取出来ます。
毎日、お味噌汁に豆腐を入れるのでも良いですし、毎朝納豆を食べる事も効果的です。

大豆に含まれるイソフラボンには、「たんぱく質」、「脂質」、「ビタミンB2」などが豊富に含まれています。

乳がんは、主に女性に発症される病気であり、発症されやすいタイプというものがあります。

乳がんを発症しやすい人は、「40代~50代の女性」、「家族の中で乳がんに発症した人がいる」、「高齢初産」、「未産」、「高身長」、「肥満」、「早期の初潮」、「閉経が遅い女性」の8タイプです。
特に家族内で乳がんを発症されている方がいれば、遺伝によって発症する確率が高いので、早めの予防が必要になります。
日頃から大豆製品を中心とした食事生活をし、適度な運動をして、乳がんを防いでいきます。

乳がんを発症してしまった女性でも、食事療法や適度な運動をして進行を抑える必要があります。
手術治療だけでは、完全に完治しない為、こうした日頃のメンテナンスも必要になってきます。

乳がんは、一度発症してしまうと、他の部位に移転する可能性があるので、体全体に渡って危険を及ぼす怖い病気です。
大掛かりな治療を受けない為にも、日頃から乳がんにならない為の予防をしなくてはいけません。

予防策としては、「食事」、「運動」、「生活習慣の見直し」があります。
乳がんは、肥満組織によって発症するケースが多いです。そのため、運動をせずに脂肪をどんどんつけてしまうと、乳がんになる確率も高くなってきます。
脂肪を多くつけない為にも、毎日適度な運動をしてエネルギーを消費させて、乳がんを予防します。

生活習慣の見直しでは、特にアルコールの摂取を控えるようにします。
アルコールは、ホルモンの代謝に影響してくるので、乳がんのリスクを高めてしまいます。適度な量のアルコールであれば、問題ないですが、毎日大量のアルコールを摂取してしまうと、エストロゲンのレベルを上げてしまい、乳がんになる確率が高くなります。

食事は、肉中心の生活ではなく、野菜や大豆製品を中心とした食事をすると良いです。
特に大豆製品は、乳がんの予防に最適な栄養素が含まれているので効果的です。